クロアチア、ドブロヴニク3泊4日旅行★


先日、少し長期のお休みを頂いたので、クロアチアに行ってきました!

クロアチアの中でも、特に行きたかったのはドブロヴニク★

1979年に世界遺産に登録された旧市街は『アドリア海の真珠』とも呼ばれているそうです。

最近はゲームオブスローンズのロケ地になったことでも注目を集めています。


Croatia old city 3



1日目は夕方の到着だったので、ホテルに荷物を預けそのまま夕食のために旧市街へ。

旧市街の中にはメインの通りを中心に細い道がたくさん走っていて、

その細い道沿いには素敵なレストランがたくさん!雰囲気もとっても素敵でした。

やはり、海沿いの街というだけあって新鮮な海の幸を使ったメニューが豊富にあります。

私たちがオーダーしたのは… オイスター、オクトパスサラダ、シーフードパスタ などなど。



Croatia dinner2

Croatia dinner1


全てとっても美味しく大満足!(オイスターにあたらないか心配でしたが、大丈夫でした^^)


そして2日目、3日目は旧市街探索…


Croatia old city2

Croatia old city4


天候にも恵まれ、11月だというのに汗だくでした。。。

旧市街の城壁はぐるっと一周歩けるようになっており、そこからの景色はまさに絶景!

永遠に眺めていられるほど美しかったです。。。。。

ここがまさにゲームオブスローンズの舞台! ゲームオブスローンズのショップもいたるところに。

城壁を歩くのには最低でも1時間は必要なので、歩きやすいスニーカーは必須アイテムです。


また、ケーブルカーでスルジ山の頂上から旧市街を一望することができるのですが、できれば空気の澄んだ午前中に行くと一番きれいなのだとか。

(知らずにお昼過ぎに登ったら既に霞んでいました、少し残念)


Croatia old city


山頂には旧市街を眺めながら食事ができるとっても素敵な屋外のレストランもあるので、朝早く出発して、テーブルをゲットするのもいいかもしれません。(私が到着したときは既に満席でした)



4日目は午前のフライトだったので、そのまま空港へ

たいていのホテルは旧市街から少し離れたところに位置していますが、バスがとっても発達しており、交通機関は全く心配無しでした。



ドブロヴニクは夏場がピークの時期ですが、秋冬の少しすいた時期も落ち着いていて狙い目かもしれません!

また、ドブロヴニクは非常に人気の観光地なので、クロアチアの中でも物価は高い方なのですが、その分ホテルはたくさんあり、高級リゾートホテルからお値打ちホテルまで、ご希望にあわせてご案内できます。

ゲンダイトラベルでは航空券、ホテルのセットでのツアーお申し込みが可能ですので、ぜひお問合せください。
→ ロンドン発パッケージツアー 「ドブロヴニク」



余談ですが、ドブロヴニクは至る所に野良猫だらけ!

ただ、野良猫といっても毛並みがとっても綺麗で美人な猫ちゃんたちばかりでした。


Croatia photo of cats


プロムスに行って来ました

先日プロムスに行って来ました
在英15年で初プロムスでした(恥)。

BBCまたはYOU TUBEでは観ていましたが、今まで機会がなかったのです。
(お小遣いがないと言えない筆者)
しかもアルバートホールに入場するのも初体験だったのです

Albert hall


前夜飲みすぎたお酒をふっとばし、わくわく軽い足取りでサウスケンジントンにいざ出陣
到着すると当日券購入者の行列や開場を待つ人だかりで前夜のお酒が胃の中で逆流しそうでした。
しかし入場券をすでに持っている私は、開場と同時にスムーズに入場
自分の席に着く前にレディースルーム(さすがにロイヤルアルバートホール内なのでトイレと簡単に言えない)に行って用を足し、演奏が始まるのをわくわくして待っていました。

演奏者達が続々入場され、歓声が沸きあがり、指揮者が入場された時には観客の興奮度はMAX
目の前にいるオーケストラの名前やバックグランドも知らない私まで興奮してしまいました。

Hall inside


インターバルを含めて2時間、演奏される全ての曲は、まるでミュージカルか映画に使われるサウンドトラックのようで、
想像力を豊かにし、楽器が奏でる音の楽しさを味わいました
テレビで観るプロムスはクラシックが多いので、まったく想像と違うジャンヌの演奏が始まったときはびっくりしましたが、
音を操る指揮者の技量とその音、音のチームワーク(?)を楽しめました

後日調べてみると、シモン ボリバル ユース オーケストラというベネズエラを拠点とするオーケストラでした。
放課後などの自由時間に音楽をさせることで、麻薬や犯罪から子供達を守るエルシステマを実践する団体に育てられた優秀な演奏者達を集めたのがこのオーケストラらしいのです
素敵な音を奏でていたコンマスのバイオリン奏者(名前がわかりませんが)も、そのような出で立ちがあったのだろうかと不思議に思えるほど素敵なオーケストラでした。

finish


勿論、筆者もお決まりの足踏みでアンコールを求めてみました

ユーロスターでベルギー週末旅

週末を利用しユーロスターでベルギーまで行ってきました!


ベルギーの首都といえばブリュッセルですが、今回はブリュッセルとブルージュ2都市をまわってきました。


ブルージュがとっても綺麗だと前々から聞いてはいたのですが、一度も訪れた事が無かったので、

期待たっぷりでいきましたが。。。。。

期待以上!!!(写真は少し曇っていますが、お天気にも恵まれました)

さすが、街中が世界遺産というだけあって、中世の町並みが残されていてとっても素敵な街でした。


Bruge1.jpg


ちなみに、こちらはブルージュ中心地にあるビール工場からの眺めです。

ビール工場見学プラス無料でビール一杯ついてきます♪ お子様はソフトドリンクが選べるそうですよ。



食べ物に目が無い私にとって、旅先でのローカルな料理も重要ポイント…

お昼ごはんにまず選んだのはこちら! ムール貝! 周りの人たちもほとんどの方がオーダーしてました。。


Bruge2.jpg


ブルージュの街にはいたるところに運河が走っていて、運河沿いを歩くだけでもとっても楽しいです。

私は30分ほどのカナルボートのクルーズに参加しました。

カナルボートを運転手さんの話を聞きながら運河から見る町並みは、また雰囲気が違って、とても楽しめました。



翌日はブリュッセルに移動し、ブリュッセル観光!

まずはじめにチェックしておきたいのは。。。。

Brussels3.jpg


小便小僧ですね! 世界3大がっかり!

世界3大がっかりといえば、シンガポールのマーライオン、デンマークの人魚姫の像、そして小便小僧ですが。。

小便小僧が一番小さい!!

ただ、季節やイベントによって衣替えするようですが、今回はサッカーのユニフォームバージョンでした!


なかなか可愛くて、がっかりではないと思うのですが、どうでしょうか。


そして、ベルギーといえばベルギーワッフルですよね。

私はこちらをオーダーしました。 ワッフルよりもトッピングがかなり主張してますが。。

お店の中もベルギーチョコレートのあまーい香りでいっぱいで、旅後半の疲れた体を癒してくれる幸せなひと時でした♪


belgium.jpg


チョコレートとワッフルの国、甘党のかたにもぴったりですし、

お酒が大好きな方はベルギービールとムール貝♪ 

まだベルギーから帰っていないのに、また来たい!と連呼していました。



帰りも快適にユーロスターの旅。

ユーロスターは飛行機での旅行と違い、各都市の中心地の駅からの発着なので、移動がとっても楽チンですね。

ゲンダイトラベルにてユーロスターチケット、またユーロスター&ブリュッセルでのホテル宿泊パッケージもお取り扱いしておりますので、お気軽にお問合せください。


プロフィール

ゲンダイトラベル

Author:ゲンダイトラベル
イギリスへの旅、日本への里帰りをお手伝い ゲンダイトラベル。 イギリス発日本行き、アジア行きはもちろん、世界各国の航空券を格安でご提供いたしております。JRパス、ユーロスター、ホテル、各種パッケージツアーなど、皆様のニーズに合わせた商品も広く取り扱っております。 →www.gendai.co.uk

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


シアターチケット ユーロスター アイスランド プラハ jr pass, japan rail pass
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ