スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリンへ行ってきました

10月の下旬、友人を訪ねて3泊4日でベルリンに行ってきました。

ベルリンには、新空港(ベルリン・ブランデンブルク国際空港)が今後開港する予定ですが、
現在はテーゲル国際空港とシェーネフェルト国際空港の2つがあります。
http://www.berlin-airport.de/en/

どちらの空港もベルリン市内から近く交通の便も良いのですが、今回は、ヒースローからテーゲル空港を利用しました。
空港からは市内へのバスが頻繁に出ていて(TXLという路線がベルリン中心部まで行きます)便利です。
詳細はこちら

ちょうど私が着いた次の日から気温がぐっと下がり、冬に突入したような気候でした。
天気もあまり良くなく、グレーの空です。

ベルリンは12年ぶりの2回目だったので、ちゃんと観光名所を訪れました。

ポツダム広場
再開発され、近代的なビルが建ち並ぶポツダム広場。

ベルリンの壁
壁の一部が残されています。

ベルリンの壁崩壊25周年
来たる11月9日に行われる予定となっていた、ベルリンの壁崩壊25周年を記念する
イベントの宣伝ポスター。町中のいたるところで見かけました。

ブランデンブルク門
ブランデンブルク門。観光客でいっぱいでした。

ドイツ連邦議会議事堂(ライヒスターク)
ドイツ連邦議会議事堂(ライヒスターク)。ガラスドームがちょっとだけ見えます。

ライヒスタークは見学ができますが、事前予約が必要です。
また事前予約しても、入場するまでには観光客の長い列が出来ていました。

テレビ塔
ミッテ地区のアレクサンダー広場にあるテレビ塔。
曇り空で、一番上まで見えませんでした。

それから西ベルリンのクーダム地区に新しくオープンした「ビキニ・ベルリン」という商業施設にも行ってきました。
でも日曜日だったので、残念ながらショッピングモールはほとんどお休み。

Gestalten
日曜でも唯一営業していたのは、Gestaltenというコンセプト・ストア。
ビキニ・ベルリンの屋上ルーフ・テラスから入れます。
カフェも併設したオシャレな空間でした。

そのルーフ・テラスからは、隣接している動物園を上から眺めることが出来ます。

動物園
ちょうど猿山が真下に。。

そしてルーフ・テラスを更に進むと、隣接する「25アワーズホテル ビキニ ベルリン(25hours Hotel Bikini Berlin)」があります。
このホテルの最上階の「モンキー・バー」からは360度パノラマでベルリン市内が見渡せます。

Monkey Bar
意外に緑の多いベルリンです。

このモンキー・バーは、イベントやパーティーなどで貸し切りになることも多いそうなので、夜訪れたい方は事前にチェックした方が無難かもしれません。

Monkey Bar

ビキニ・ベルリンについてはこちら


ゲンダイトラベルでは、ベルリン行きの往復航空券やホテルも取り扱っています。
お気軽にご相談ください!


スポンサーサイト

ベルリン!

ITBというトラベルマートへ参加する為ベルリンに行ってきました。
ヒースローよりBAで約2時間のフライトです。ヨーロッパ内の短距離フライトでも軽食とドリンク(アルコールも)がサービスされます。

IMG_1779_convert_20130314204718.jpg


空港から中央駅までシャトルバスで約20分。2.5ユーロでした。
駅構内にはデリ・レストランやショップ等多数あります。

IMG_1781_convert_20130314205006.jpg
カリーヴルスト屋さん

IMG_1786_convert_20130314205024.jpg
お魚のマリネのサンドウィッチが人気みたいです

IMG_1787_convert_20130314205042.jpg
パンやさん。プレッツェルおいしそう。。

IMG_1792_convert_20130314205112.jpg
駅構内。



今回利用したホテルは中央駅の隣駅、Friedrichstr近くのBEST WESTERN Hotel Berlin-Mitteです。Wifi無料で利用できます。

IMG_1798_convert_20130314205146.jpg

IMG_1801_convert_20130314205205.jpg


ディナーはホテルのすぐ近くにあるドイツ料理レストランへ。

IMG_1804_convert_20130314205233.jpg

IMG_1806_convert_20130314205251.jpg




ドイツっぽい料理が食べたい!ということでオーダーしたお料理。4名でシェアしました。もちろんビールも一緒に!
IMG_1814_convert_20130314205327.jpg
豚スネ肉のロースト。かなり大きいです!

IMG_1816_convert_20130314205419.jpg
レバーのソテーとマッシュポテト

IMG_1815_convert_20130314205355.jpg
ソーセージ&ポテト&ザワークラウト!

ディナー後、数件隣にあるパブでまたまたビールを。もう何杯飲んだか分からないくらいお腹が膨れたところでそろそろホテルに戻ります。ドイツのビールは本当においしい!!
IMG_1821_convert_20130314205451.jpg
パブ店内


朝食はブランデンブルグ門そばにある素敵レストラン、テオドール・トゥーハー(Theodor Tucher)で。ホテルからはタクシーで移動。店内には本棚が並ぶ文学レストランです。ブッシュ前大統領やクリントン元大統領も訪れたそうです。

IMG_1838_convert_20130314205520.jpg
ブランデンブルグ門。 門からまっすぐ伸びる6月17日通りの先には戦勝記念塔が見えます。

IMG_1841_convert_20130314205543.jpg
レストランが入っている建物の中庭にあるかなり巨大なオブジェ。


IMG_1842_convert_20130314205620.jpg
店内の様子。とても素敵です。

IMG_1843_convert_20130314205642.jpg

IMG_1847_convert_20130314205710.jpg
2階のソファー席

IMG_1850_convert_20130314205742.jpg


IMG_1856_convert_20130314205814.jpg
見た目も素敵な朝食。コーヒーもおいしかった!



そしてトラベルマートの会場へ。
IMG_1935_convert_20130314205846.jpg


ルフトハンザのブース。ビジネスクラスとファーストクラスの座席が展示されてました。
IMG_1868_convert_20130314210124.jpg
IMG_1867_convert_20130314210058.jpg
IMG_1869_convert_20130314210151.jpg


日本のブースも盛況な様子でした!
IMG_1873_convert_20130314205915.jpg
IMG_1876_convert_20130314205946.jpg
IMG_1883_convert_20130314210016.jpg



ランチにはベルリン名物のカリーヴルストを。焼ソーセージにケチャップとカレーパウダーがかかっただけの超シンプルな一品です。ランチにというよりスナックに最適です。
会場内にも多数の専門スタンドがあり、もちろん街中や駅構内でもたくさんみかけました。ベルリンにはカリーヴルストミュージアムもあるらしいです。

IMG_1900_convert_20130314210246.jpg
IMG_1907_convert_20130314210311.jpg


エミレーツのブース。
IMG_1913_convert_20130314210340.jpg
IMG_1915_convert_20130314210403.jpg



会場からシャトルバスで移動し、早めに空港に着いたのでショッピングが出来る!と思ったのですが、、、何と小さい免税店が1件のみ。しかもフライト時間に合わせてのみの営業らしくまだ空いていませんでした。。。(その後しばらくしてからちょこっと営業していました)買い物が必要な方はセキュリティ通過前の空港内か市内で済ませてください!

今回は仕事で来ていたので車窓からの観光のみとなりましたが、見所満載のベルリン。次回はゆっくり観光したいです。


ゲンダイ社員:N美

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる

2日目はノイシュヴァンシュタイン城があるフュッセンへの移動です。
中央駅からフュッセンまでは電車で約2時間。
1時間に1本くらいの頻度であります。直行と乗り換えがありますが、私たちはちょうど乗り換え要でした。(ちゃんとプラットホームの番号まで書いてあるので簡単です。)
3人で、片道30ユーロ(機械で買った方が、窓口で買うより少し安いです。)
この30ユーロ、2人から5人までは一緒に乗れば同じ金額なんだそう。
友人の一人はフュッセンでもう1日滞在したので、帰りは2人で30ユーロでした。


ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる
ミュンヘン中央駅を出発

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる
チケット


Buchloeという駅で乗り換え。

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる
2時間こんなのどかな風景が続きます。


フュッセン駅到着。

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる
フュッセン駅


駅の裏側にバス停があります。(タクシーもありました。)

ここからシュヴァンガというお城近くの町まではバスで15分ほどです。
ミュンヘンからのチケットを見せたらバス(1.50ユーロ)に乗れます。
フュッセンの町(ここには、スーパー、郵便局などあります。)に泊まって、お城に行く人も多いようですが、私たちはシュヴァンガにホテルをとっていたので、バスで移動。
ただ、ここで1時間待ちました。。。
どうやら、電車の時間に合わせてバスもあるようですが、駅に着いて写真を撮ったり、うろうろしていたので逃したようです。
やっとバスに乗り、途中バスの中からお城が見えてくると、テンションもあがってきます。


ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる

ディズニーのシンデレラ城のモデルにもなったお城とのこと。ミーハーですので、本物が見れて大感激。紅葉に囲まれているところもまたステキでした。
5時くらいに到着したので、チェックイン後は近くの湖を散策して、お夕飯です。
ホテルのレストランで食べました。

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる


名物料理を食べましたが、どれもこれもボリュームたっぷりでびっくり。
でもおいしかった☆ 
ビール、スープもそれぞれ頼んで、50ポンドくらいです。


その後はホテルからライトアップされたお城を見つつ、就寝。


翌朝は、早々にチケットを買いにチケットオフィスへ。
ここでは並ぶと聞いていたのですが、朝8時半で早かったせいか、とくに並ばず、すんなりツアーのチケットを購入。

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる

ノイシュヴァンシュタイン城のみの場合は9ユーロ。お向かいにあるホーエンシュヴァンバウ城の見学される場合は17ユーロ。

その後、バス(確か1.50ユーロ)でお城まで行きます。が、
ここでもまた1時間は並びました。バスが来てもすぐ定員になってしまい、3台目でようやく乗れました。
(ここは、徒歩(無料、30分くらい)または馬車もあります。)
バスを降りたところから5分ほど歩くとマリエン橋があり、そこからお城がきれいに見られる!!はずだったのですが、あいにく霧がすごすぎて、橋のどちら側にお城があるか分からないくらい。。。残念です。

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる
橋の向こう側ですら見えない。

ちなみに、ツアー後も一人残った友人が午後、橋に戻ったところ、この景色です。

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる
ノイシュヴァンシュタイン城

お城のツアーは時間が指定されているのですが、間に合わなかったらまたチケットを買いなおさないといけないそうです。

マリエン橋からさらに10分ほど歩いて、ようやくお城に到着です。

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる
入り口

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れる

ツアーは50分ほどで終了。
中はカラフルでゴージャスでした。

夕方のフライトに間に合わせるため、ホーエンシュヴァンガウ城はあきらめて、早々にフュッセンへ戻りましたが、また行ってみたいものです。

ところでお城までは、最初、自力でミュンヘンから日帰りで!と思ってましたが、何かと時間がかかるので、ミュンヘンからのバスツアーに参加されるか、フュッセンまたはシュヴァンガで1泊された方が良いかもしれません。


ゲンダイ社員:N子





title.jpg

ミュンヘンはドイツでも人気の高い観光都市。主な見どころは町の中心、旧市街に集中しています。 一日をフル活用すれば、主な観光スポットをほとんど制覇するのも無理ではありません。又、シンデレラ城のモデルとして名高いノイシュヴァンシュタイン城も電車で行けますので、3日間のミュンヘンの旅を思いっきり満喫しませんか?

ミュンヘン2泊3日の旅
プロフィール

ゲンダイトラベル

Author:ゲンダイトラベル
イギリスへの旅、日本への里帰りをお手伝い ゲンダイトラベル。 イギリス発日本行き、アジア行きはもちろん、世界各国の航空券を格安でご提供いたしております。JRパス、ユーロスター、ホテル、各種パッケージツアーなど、皆様のニーズに合わせた商品も広く取り扱っております。 →www.gendai.co.uk

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


シアターチケット ユーロスター アイスランド プラハ jr pass, japan rail pass
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。