スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドリッドへ行ってきました

先日、友人に会うためロンドンから約2時間半 スペインの首都・マドリッドへ行ってきました。

CIMG5454.jpg

マドリッド・バラハス国際空港にてTourist Travel Pass(地下鉄やバスなどの公共交通機関が乗り放題のパス、3日間のパスで18.40ユーロでした)を購入し、中心まで出ることに。
初日はあいにくの雨模様で少し肌寒かったものの、友人との合流後まずはサングリアで乾杯。


CIMG5471.jpg


2泊3日の滞在中、Mercado de San Miguel(http://www.mercadodesanmiguel.es/)という市場に何度も足を運んだのですが、食べ物飲み物全ておいしいし雰囲気もとても良かったです!!

CIMG5466.jpg


CIMG5474.jpg


その後はお天気が悪かったこともあり屋内で何かできないか・・・と考えた結果美術館へ行く事に。
まずはプラド美術館(Museo Nacional del Prado http://www.museodelprado.es/en/)へ。休館日(月)以外の平日と土曜日の18時以降は無料で入れます。


CIMG5513.jpg


2日目は観光名所をひとまず回るべく、まず向かった先は王宮。
あいにく中は写真撮影が出来なかったのですが、とってもきらびやかで見ごたえがありました。


CIMG5582.jpg


王宮で数時間歩き周った後はChocolateria San Gines(http://www.chocolateriasangines.com/Chocolateria_San_Gines/Bienvenidos_a_San_Gines.html)でチュロスとチョコレートを。見た目はものすごくとろ~っとして甘そうなチョコレートですが、飲んでみるとそこまで甘くなく美味しかったです!!

CIMG5528.jpg


そして夜は有名なピカソのゲルニカを見るため(あいにくゲルニカは撮影禁止でした)ソフィア王妃美術センター(Museo Nacional de Arte Reina Sofia http://www.museoreinasofia.es/en)へ。
こちらも休館日(火)を除く平日の19時以降は無料で入れます。

CIMG5537.jpg


そして最終日。日本に帰る友人とはマドリッド市内で解散し、私は1人Atocha駅から高速列車で約30分、画家エル・グレコが愛した街・トレドへ。

CIMG5645.jpg


トレドの街はとても小さく、1日でも十分に見てまわれます。
トレドの街を一周できる音声ガイダンス付バスはたった5ユーロ、街が展望できる絶景ポイントで写真撮影の時間まで設けてられてます。


CIMG5725.jpg


CIMG5656.jpg

学生時代に3年間勉強したスペイン語はほぼ使い物にならずでしたが、次は別の都市も含めてもう少しゆっくりスペインをまわってみたいです。

スポンサーサイト

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

サンティアゴ・デ・コンポステーラのあと、首都マドリッドへ行きました。

マドリッドでの滞在先はHostal Las Fuentesという経済型ホテル。Opera駅から徒歩2分のところにあります。私が泊まった部屋は小さかったですが、ワードローブ、TV,セーフティボックス、冷蔵庫があり、シャワー&トイレ付きでした。鍵はカード式で、レセプションは24時間対応。スタッフは英語もOKでした。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
メトロのマークはロンドンのUndergroundをひし形にしたようなデザイン。

朝食を食べにホテル近くのカフェ“Café La Traviata”へ。アール・ヌーボー風な外観と、トイレもロートレックを思わすようなグラスの絵が飾ってあり素敵でした。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
クロワッサン+コーヒーのセットで2.35ユーロ。カフェ・コン・レチェはウェイターがミルクを同時に持ってきて、テーブル上で入れてくれました(心の中で「きゃー!お兄さん、素敵!」と盛り上がりました)。クロワッサンは中身が詰まっていて美味しかったです!

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

ツーリストインフォのあるマヨール広場(Plaza Mayor)へ。人が多い!ロンドンでいうCovent GardenのPiazzaのような感じで、大道芸人がいたり、ストールがあります。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

3万種類以上の植物があるという王立植物園(Real Jardín Bortánico)。入園料は2ユーロです。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
広大に広がるガーデン。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
可愛いたくさんの苗木たち(これから大きくなるんだね〜…)。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
RHODODENDRON YAKUSHIMANUM」という日本の植物も。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
実をつつく小鳥さん。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
Citrusの木。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
夏に来たら素敵だろうな〜と思わせる花の(?)通り道。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
なんと、盆栽展が開催されてました!

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
温室には可愛いサボテンがいっぱい!!

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
面白い植物が色々あって楽しかったです。花のイラストの展覧会も開催されており、結構盛りだくさんでした!今度は夏に来てみたいな〜。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
プラド美術館と王立植物園が並ぶプラド通り。

マドリッドでもガリシアン!!(何か縁があるのかも…)
王立植物園見学後にたまたま、ご飯を食べようとお店を探していたら、中は満員で外観も内観も素敵なMaceira Taberuna – PulperiaというBarを発見。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
外観がカラフルでこの手造りっぽい感じがとても可愛い。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
中は人でいっぱい!わいわい、にぎやかでした。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
壁には黒板に書かれたメニューや面白い絵が。可愛い壺もたくさん飾ってありました。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

そして、頂いたのはまた「タコ!」(どんだけ好きやねん)。今回はタコとポテト、ライスの煮込み(Guiso de Pulpo Maceira)、パンとリベイロ(白ワイン)。Guiso de Pulpoはシチューみたいな感じでした。全部で15.70ユーロでした(ワインは2杯頼みました)。


スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

お店からでて気付いたのですが、ここのお店の通りはなんと“Calle de Jesus”! 個人的にはこのお店にぴったりの通り名と思いました。ガリシア=サンティアゴ・デ・コンポステーラ=聖人ヤコブ=イエス・キリスト(ジーザス)。お店のオーナーはそれを狙ってここにお店を持ったのか、気になるところです。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
マドリッドの街中の通りの標識はタイルで絵や書体が可愛くて素敵なデザイン。街のあちこちでこんなアートが見れて楽しかったです。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
王宮(Palacio Real)。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
プエルタ・デル・ソル(Puerta del Sol)にある熊と山桃の像。可愛い。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
夜のプエルタ・デル・ソル。人がすごい!!

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
クリスマスのネオンもクルクルぶらさがってて可愛かったです。


他にはこんな食べ物をいただきました。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
冷たいガーリック(ajo)のスープは美味しかったです!普通は夏に飲むものだそう。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
マッシュルーム(Champiñón)の鉄板焼き。ジューシー!

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き
ハモン・セラーノ(Jamón Serrano)。生ハム。


スペイン旅行3度目にして、今回また見逃した食べ物はパエリャ(Paella)! 次回こそ、ぜひトライしたいです。本場バレンシアで食べるべきかな…。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き

ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia)。ピカソの「ゲルニカ」、本物観てきました。人の群れがすごかったです。私もじっくり足をとめて鑑賞しました。入館料6ユーロ。平日の夜19時以降(火曜以外)は無料で入館できます。

スペイン、マドリッド王立植物園と街歩き


プラド美術館(Museo Nacional del Prado)。ルノー展開催中でした。特別展のアダムとイブはなかなか面白かったです。ベラスケスの「ラス・メニーナス」も観ました。入館料8ユーロ。夜18時(日曜は17時)以降は無料で入館できます。

マドリッドは街歩きがとても楽しくて、地図を持っていたら、結構どこでも歩いて行ける感じ。唯一の心残りはパエリャ、それ以外は満喫できて良かったです!


END社員:嵐

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅 2日目

朝7時起床。9時から朝食。
オレンジジュース、パン、トースト、ハム、チョリソー、コーヒー/紅茶、マドレーヌ、と結構豊富。
ゆっくり食べて10時半頃チェックアウトをすまし、出発は夜なので荷物はホテルの人に預かってもらう。

今日のお目当ては通常だと大きな行事がある時にしか見れない大香炉・ボタフメイロ(botafumeiro)の儀式!

お昼の12時からのミサは巡礼者のためのミサで、その時に見れるかもしれないと聞き、まずは大聖堂へ直行。

通り道、街角で見つけた可愛いボタフメイロの飾り(店の看板?)。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


時間に余裕があったので、大聖堂内の博物館(Museo)を見学することに。入館料は5ユーロ。ルーベンスやゴヤの下絵によるタペストリーや、昔のお金、金細工(はゴージャスでした)などなど、見所たくさんでした。 回廊からはサンティアゴ・デ・コンポステーラの街を展望できます。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅
オブラドイロ広場も見渡せます。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

ミサが聖堂内で始まったので、中へ入り参道する。終わりかけのころ、ボタフメイロ登場!! 「うわ〜〜、すごーい!!」とテンションあがる。 大香炉をロープで天井にぶらさげ、男性6人くらいで引っ張って、天井に届くくらいまで香炉を左右に振り回していました。折り返し地点の度に、「シュワッ」と香炉の煙が出ていて、清められてるような気持ちになりました。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


1時過ぎ、お腹が減ったのでガリシア地方の郷土料理が食べれるカフェ・レストラン、
Casa Manoloへ向かう。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

店内はモダンで、若いスタッフが丁寧に応対。愛想も良くてよかったです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

まずはリベイロ(グラス1杯1.50ユーロ)を頼む。 ランチだと2コース・ミールにパン、ミネラルウォーター、デザートがついてなんと9ユーロ!!とってもお得です。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


1皿目はガリシア風スープ、カルド・ガジェゴ(Caldo Gallego)にする。豆と豚の塩漬け肉とジャガイモとカブ菜の入ったスープ。味の方はわりとシンプルで、薄味でした。カブ菜がもりもり!パンとも合い、美味しかったです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

続いて2皿目、メインはお魚、ガリシア風ヘイク(Bertorella a la Gallega)。ボリューム満点! タラ科の魚の煮込みです。酸味のあるさっぱりとした味付けで美味しかったです!

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

最後にデザート、バニラアイスかヨーグルトか選べたので、バニラアイスに。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

でてきたのがプリンみたいで、思ってたのとちょっと違う。少し甘かったけど完食! すべてに満足!ごちそうさまでした!!

とりあえず今回のサンティアゴ・デ・コンポステーラでの目標は達成!嬉しかったです。


他にも大聖堂の屋根に上る見学も10ユーロで行われていて、オブラロイド広場入り口で予約ができます。今回は雨が降っていたので、履いていた靴で上れるか微妙で、断念しました。

また、アバストス市場でガリシアの食文化を学びながら巡るグルメツアーもありますが、こちらは夏期だけ行われているようです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


アバストス市場は午後に行ったのでちょうど閉まりかけていました。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

ガリシア原産牛の乳から作られるテティージャ(Tetilla)。ぎりぎり開いていたお店で食べたい!と思い購入しました。テティージャとはスペイン語で「おっぱい」です。形もそのもの! 味の方はミルキーで甘くて、少し酸味がある感じ。 美味しかったです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

出発時間まで少しあったので街散策をした後、ホテルに荷物を取りに行く。Dr.Teixeiro通り近くのカフェでチュロス&ホットチョコでバス待ち。そして空港へ。

ほんとに、「満喫、堪能!」と言える旅ができて楽しかったです。次回は最低100km歩くとパスポートにハンコを押してもらえるそうなので、どれくらい先になるやらわかりませんが、巡礼にチャレンジしたいと思います。
El Camino de Santiago!

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

サンティアゴ・デ・コンポステーラ、ありがとう。


END社員:嵐

プロフィール

ゲンダイトラベル

Author:ゲンダイトラベル
イギリスへの旅、日本への里帰りをお手伝い ゲンダイトラベル。 イギリス発日本行き、アジア行きはもちろん、世界各国の航空券を格安でご提供いたしております。JRパス、ユーロスター、ホテル、各種パッケージツアーなど、皆様のニーズに合わせた商品も広く取り扱っております。 →www.gendai.co.uk

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


シアターチケット ユーロスター アイスランド プラハ jr pass, japan rail pass
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。