スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストラン編:Dover Soleが食べたい!

日本から出張で来ていた友人がDover Soleが食べたい!ということで行ってきたレストラン。Dover Soleとはイギリス、ドーバー海峡で取れる舌平目のこと。常にメニューにある訳でもないようで仕入れ具合によってマーケットプライスで提供しているレストランも多いとか。私たちが行ったのはMayfairのDover Streetに あるシーフードが美味しいと噂のイタリアンレストラン、PESCATORI。

レストラン編:Dover Soleが食べたい!

レストラン編:Dover Soleが食べたい!
お店の外観


まずは前菜。

レストラン編:Dover Soleが食べたい!
Lobster & Truffle Ravioli with Shellfish Broth

レストラン編:Dover Soleが食べたい!
Porcini Mushroom Tart with Crispy Fried Soft Egg

レストラン編:Dover Soleが食べたい!
Crab Cannelloni, Sea-Urchin & Smoked Butter Sauce


そしてお待ちかねのメイン。


レストラン編:Dover Soleが食べたい!
Roast Monkfish Seared Foie-Gras & Honey Roasted Parsnips

これがDover Soleです。
お店の方が目の前で骨・皮を全部取り除き食べやすくしてもらえます。かなり大きい!

レストラン編:Dover Soleが食べたい!
Dover Sole

すごく肉厚でとってもおいしかった! その他にオーダーしたボンゴレパスタ、Marlinのグリルもおいしかったです。


もちろん最後にデザートも。

レストラン編:Dover Soleが食べたい!
Tiramisu

レストラン編:Dover Soleが食べたい!
Rhubarb Pannacotta


4人で白ワイン2本、スパークリングウォーター、コーヒーまで頼み一人約60ポンドでした。念願のDover Soleが食べれて大満足な夜でした。


ゲンダイ社員:N美

スポンサーサイト

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅 2日目

朝7時起床。9時から朝食。
オレンジジュース、パン、トースト、ハム、チョリソー、コーヒー/紅茶、マドレーヌ、と結構豊富。
ゆっくり食べて10時半頃チェックアウトをすまし、出発は夜なので荷物はホテルの人に預かってもらう。

今日のお目当ては通常だと大きな行事がある時にしか見れない大香炉・ボタフメイロ(botafumeiro)の儀式!

お昼の12時からのミサは巡礼者のためのミサで、その時に見れるかもしれないと聞き、まずは大聖堂へ直行。

通り道、街角で見つけた可愛いボタフメイロの飾り(店の看板?)。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


時間に余裕があったので、大聖堂内の博物館(Museo)を見学することに。入館料は5ユーロ。ルーベンスやゴヤの下絵によるタペストリーや、昔のお金、金細工(はゴージャスでした)などなど、見所たくさんでした。 回廊からはサンティアゴ・デ・コンポステーラの街を展望できます。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅
オブラドイロ広場も見渡せます。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

ミサが聖堂内で始まったので、中へ入り参道する。終わりかけのころ、ボタフメイロ登場!! 「うわ〜〜、すごーい!!」とテンションあがる。 大香炉をロープで天井にぶらさげ、男性6人くらいで引っ張って、天井に届くくらいまで香炉を左右に振り回していました。折り返し地点の度に、「シュワッ」と香炉の煙が出ていて、清められてるような気持ちになりました。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


1時過ぎ、お腹が減ったのでガリシア地方の郷土料理が食べれるカフェ・レストラン、
Casa Manoloへ向かう。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

店内はモダンで、若いスタッフが丁寧に応対。愛想も良くてよかったです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

まずはリベイロ(グラス1杯1.50ユーロ)を頼む。 ランチだと2コース・ミールにパン、ミネラルウォーター、デザートがついてなんと9ユーロ!!とってもお得です。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


1皿目はガリシア風スープ、カルド・ガジェゴ(Caldo Gallego)にする。豆と豚の塩漬け肉とジャガイモとカブ菜の入ったスープ。味の方はわりとシンプルで、薄味でした。カブ菜がもりもり!パンとも合い、美味しかったです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

続いて2皿目、メインはお魚、ガリシア風ヘイク(Bertorella a la Gallega)。ボリューム満点! タラ科の魚の煮込みです。酸味のあるさっぱりとした味付けで美味しかったです!

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

最後にデザート、バニラアイスかヨーグルトか選べたので、バニラアイスに。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

でてきたのがプリンみたいで、思ってたのとちょっと違う。少し甘かったけど完食! すべてに満足!ごちそうさまでした!!

とりあえず今回のサンティアゴ・デ・コンポステーラでの目標は達成!嬉しかったです。


他にも大聖堂の屋根に上る見学も10ユーロで行われていて、オブラロイド広場入り口で予約ができます。今回は雨が降っていたので、履いていた靴で上れるか微妙で、断念しました。

また、アバストス市場でガリシアの食文化を学びながら巡るグルメツアーもありますが、こちらは夏期だけ行われているようです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


アバストス市場は午後に行ったのでちょうど閉まりかけていました。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

ガリシア原産牛の乳から作られるテティージャ(Tetilla)。ぎりぎり開いていたお店で食べたい!と思い購入しました。テティージャとはスペイン語で「おっぱい」です。形もそのもの! 味の方はミルキーで甘くて、少し酸味がある感じ。 美味しかったです。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

出発時間まで少しあったので街散策をした後、ホテルに荷物を取りに行く。Dr.Teixeiro通り近くのカフェでチュロス&ホットチョコでバス待ち。そして空港へ。

ほんとに、「満喫、堪能!」と言える旅ができて楽しかったです。次回は最低100km歩くとパスポートにハンコを押してもらえるそうなので、どれくらい先になるやらわかりませんが、巡礼にチャレンジしたいと思います。
El Camino de Santiago!

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

サンティアゴ・デ・コンポステーラ、ありがとう。


END社員:嵐

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

年末にスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラと首都マドリッドに行ってきました。数年前からサンティアゴ・デ・コンポステーラへ訪れたいという気持ちがあり、今回実現したのですごい嬉しかったです!

サンティアゴ・デ・コンポステーラはガリシア地方の中心都市。スペインのパワースポットの1つです! ケルト民族の地でもあり、音楽はガイタと呼ばれるバグパイプの文化があります。キリスト教三大巡礼地の一つで、世界遺産にも登録されており、フランスのヴィズレーが起点で、そこから約800kmあるそうで、巡礼者にかかせないアイテムで有名なのは杖と、ひょうたん、ホタテの貝殻です。 2010年は聖年(Holly Year)と呼ばれるスペシャルな年で、聖ヤコブの誕生日7月25日が日曜に重なる年がそうなり、いつもは開かない門がこの年のみ開いたり、めったに見れない「ボタフメイロ」という儀式も毎日のように行われます。次の聖年は11年後の2021年です。

ガトウィック空港からマドリッド経由でサンティアゴ・デ・コンポステーラ空港へ。 直行便も出ていますが今回は経由にて。夜遅い便だったので、マドリッド・バラハス空港近くの経済的ホテル「Hostal T4」で1泊しました。ホテル-空港間のシャトルバスサービスがあったので、ここに決めました。出発・到着時刻が7:00-24:00の間は片道5ユーロ、24:00-7:00の深夜~早朝にかけては片道10ユーロプラスでかかるのですが、良心的な値段で、空港に着いたら連絡をし、迎えにきてくれ、スペイン語が喋れない私には空港でタクシーを拾うことを考えると、英語が喋れるホテルのスタッフが応対してくれ、とても便利でした。アメニティグッズもお洒落でいい感じで、部屋も綺麗でした。

翌朝11時過ぎ、1時間弱でサンティアゴ・デ・コンポステーラに到着。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

ちょっと曇りなのが残念。 空港内は小さいですがカフェやお土産コーナーがあります。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


EMPRESA FREIRE, S.L.というバス会社が空港からサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂近くまで30分おきに運行していて、私はオンラインで先にチケットを購入しました。オンラインで往復券を買うと「1ユーロ引き」で5ユーロ。通常は片道3ユーロ(往復6ユーロ)なので、1ユーロお得です。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

出発してまもなく…聖ヤコブの像らしきものが!!
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


ちょっとテンションあがりつつ、約20分後、大聖堂近くのバスターミナルへ到着、そのまた約10分後にDr.Teixeiroという通りに到着。

大体30分くらいで中心地に着きました。Dr.Teixeiro通り周辺はカフェやショップが結構たくさん並んでいました。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


地図を片手に歩き出したのはいいけど、かなり道に迷い、 「ま~、こんなこともあるわ~」と思いながら、 やっとホテルの近くの「ここから見る大聖堂の眺めは素敵!」と言われるアラメダ公園に着いた時、どれだけ嬉しかったことか!!!
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


ちなみにこの像は結構有名みたいです。
結局40~50分歩き続け、ようやく宿に到着!

サンティアゴ・デ・コンポステーラではHostal AlfonsoというイギリスでいうB&Bのような家庭的な宿に泊まりました。
チェックインを済ますとTop Floorの部屋に案内され、こじんまりとしていましたが温かい雰囲気で可愛くて、シャワー・トイレ付でなんと、大聖堂が一望できる部屋で最高でした!
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


荷物を置いて早速出かけ、まずはツーリスト・インフォ・デスクで地図をゲット。 お腹が減ったのでスペイン人の友人に教えてもらったバル(Bar)に行こうとトライするが満員御礼、あきらめてとりあえず別のTaberna de Bispoというバルへ。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


とりあえず先に挨拶だけ「Hola!」。かたことスペイン語を勉強したにもかかわらず、恥ずかしさが先に来てしまい、喋れず…。店の兄ちゃんは英語ができることがわかり、結局英語で注文する。
私がスペインのバル初心者ということがわかったのか、兄ちゃんが「じゃ、まずはドリンクからね」と言ってくれ、ガリシア地方で有名なリベイロ(白ワイン)を頼む。グラス1杯が1.70ユーロ!「ありえへん!」と思わずつっこみいれたくなるぐらい、めっちゃ安いです。
そして、ピンチョス4品(トルティージャ、いわし&トマト、コロッケ、チョリソー)を頼む。こちらも良心的な価格で1品1.25ユーロ~。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

サンティアゴでホタテ貝(vieira)はマスト!ってことで注文。ホタテとえびと肝のようなもの(これだけ何かちょっとわからなかったです)が入ってこちらは6.10ユーロでした。美味しかったです!!
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


腹ごしらえもいい感じに終わったので、散策開始。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

聖ヤコブの象徴のホタテ貝が街中いろんなところで見かけられます。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


ジュエリーはシルバーとAzabacheという石の組み合わせで作られたものが多いです。
(写真は自分へのおみやげです)
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


ガリシア地方はタコが有名。こんな風にレストランやバルの前にはたこのディスプレイが普通にされてました。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


大聖堂(カテドラル)に到着!!

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅
キンターナ広場側には免罪の門(聖年にしか開かない門)から入る人の行列でいっぱい。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

とりあえず街歩きを続行しているうち、ちょっと面白いもの発見。
この箱、なに?!って思ったら、実は宝くじ売り場でした。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

歩き疲れたのでカフェでお茶。チュロスにホットチョコでスナック・タイム!
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

また大聖堂へ戻り、中へ入ってみる。中はロマネスク様式。参拝客でいっぱいでした。
スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

ちょうど18時頃のミサが行われていました。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


ミサも終わりに近いころ、外に出てみると、免罪の門へ入る行列が減っていたので「これはチャンス!」と思い、並ぶことに。約30分くらいで免罪の門を通れました。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


更には、ただこの門を通るだけでなく、実は中央祭壇にいる聖ヤコブ像の後ろ側へと続いていました。(写真禁止でした)信者達は慣習に従って聖ヤコブ像にハグをし、マントにキスをしていました。私もハグしてきました。

晩ご飯にしようと思い、お昼時に人がいっぱいだった友人に教えてもらったバル、O Gato Negroへ行ってみる。何人か人がいて、親切なスペイン人のおじさんがもうすぐ開くよと教えてくれ、少し待つことに。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


夜は19時半開店みたいです。テーブル&椅子の数は少ないけれど座り放題!さっきと比べ大違い。早速またリベイロ(白ワイン)を頼む。ここで美味しいと教えてもらったのはタコ(プルポ・ガジェゴ)。茹でタコをぶつ切りにしてオリーブ油とパプリカをかけたものをパンと一緒にいただきました。全部で11.50ユーロ。タコは少し塩がきいていたけど、柔らかくてとろ~り、美味しかったです!

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅

満腹になり、アラメダ公園の可愛いクリスマス・イルミネーションを通りホテルへ戻る。とりあえず1日目終了。

スペイン北西端、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅


2日目は近日中に更新します。


END社員:嵐

プロフィール

ゲンダイトラベル

Author:ゲンダイトラベル
イギリスへの旅、日本への里帰りをお手伝い ゲンダイトラベル。 イギリス発日本行き、アジア行きはもちろん、世界各国の航空券を格安でご提供いたしております。JRパス、ユーロスター、ホテル、各種パッケージツアーなど、皆様のニーズに合わせた商品も広く取り扱っております。 →www.gendai.co.uk

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


シアターチケット ユーロスター アイスランド プラハ jr pass, japan rail pass
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。