スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイーン 2日間の旅 前編

ウイーンに行ってきました!

といっても、1泊2日の旅行だったので、かなりバタバタした旅行でしたが、
楽しんできました。

オーストリア航空で朝6時5分ヒースロー出発。。。早すぎ!ですが、少しでもウィーンにいるためには、仕方ありません。ですので9時20分にはウィーン着。

今回はスイス在住の友人と合流(彼女は前日からウィーン入り)というわけで、
空港に着いたら細かく市内までの説明付でした。
(といっても、バスに乗って西駅でおりてね。と言われただけですが。)

バスで40分ほど(片道6ユーロ)です。
西駅で友人と会って、ホテルに荷物を置いて早速観光開始です。

ウイーン, オーストリア
シュテファン寺院

ウイーン, オーストリア

ウイーン, オーストリア
ハイストリート(グラーベン)

グラーベン通りにあるペーター教会
ガイドブックには小さい欄でしか紹介されてなかたのですが、とっても豪華な教会でした。
(ちなみに無料です。)

ウイーン, オーストリア


さてさて、ウィーンといったら、ザッハトルテですね! まずは、デメルから。 実は、今回一緒に行った友人とは日本にいるときにデメルのホールのザッハトルテを 二人で完食した仲(しかも淋しいことにクリスマスに。。。)。 ウィーンのデメルでお茶ができたなんて、うれしい限りです。

ウイーン, オーストリア


ケーキをランチ代わりに、次はシェーンブルン宮殿です。 小さい頃に見たベルバラの第1話(2話?)のところです! 地下鉄U4でシェーンブルン宮殿駅で下車。

ウイーン, オーストリア

駅から歩いて10分ほどで、到着です。観光客がいっぱい歩いて向かっているので 迷いません。(地下鉄は1回券が1.80ユーロ) 見る場所によって、料金はいろいろですが、一番スタンダード(安い。)グランドツアーのチケットを購入。(約13ユーロ) 日本語のオーディオガイド付きです。

ウイーン, オーストリア

遠くに見えるのは、グロリエッテというものですが、中はカフェになってます。 せっかく来たんだから、歩けるだけ歩こう!と炎天下の中を散策。 到着するころには、私は疲れ果て、帰りの宮殿までの道のりは大変でした。

ウイーン, オーストリア


その後は、プラター遊園地へ。 ここは映画「Before Sunrise」でカップルが訪れた遊園地だそうです。 レトロな遊園地でした。

ウイーン, オーストリア

ウイーン, オーストリア
観覧車からの眺め

ウイーン, オーストリア
本物のポニーが回ってました

ウイーン, オーストリア
ママチャリに付ける、子供用のイスのようなイスのブランコ


日が長いおかげで、ゆっくり楽しめました。
お夕飯のことはまた次回。


ゲンダイ社員:N子




オーストリア

「音楽の都」ウィーンは、ハプスブルグ家の都として数世紀にわたってヨーロッパの政治と文化の中心として栄えました。その栄華は膨大なコレクションを誇る新・旧王宮や美術史博物館からもうかがい知る事が出来ます。ウィーン観光の醍醐味は世界的に有名なコンサート・。オペラ鑑賞。滞在中には、歴史ある華麗なホールで開催されるコンサートに、ぜひ出かけたいものです。

ロンドン発パッケージツアー ウィーン
スポンサーサイト

KLMオランダ航空で里帰り!

ロンドン・ヒースローよりアムステルダム経由で大阪へ行ってきました。
ロンドン~アムス間のフライトではパンとドリンクのサービスがあり、1時間30分であっという間にアムステルダム・スキポール空港へ到着です。

KLMで里帰り

KLMで里帰り


スキポール空港は噂通りすごく広い!でもかなり分かり易い!というのが私の印象です。今回私が利用したフライトの到着ゲートはD18、そして乗継便の出発ゲートはF4でした。
乗継便の情報は空港内に数多く設置されている下記機械で簡単にチェックできます。
日本語にも対応しています。

KLMで里帰り

KLMで里帰り

KLMで里帰り


途中誘惑がかなり多く寄り道ばかりしていたので実際はゲートまで随分かかりましたが、寄り道なしにのんびり歩いても移動には20分位はかかりそうです。

KLMで里帰り

KLMで里帰り

KLMで里帰り

KLMで里帰り

KLMで里帰り


数多くの免税店がありますので、お買い物好きの方にはかなりおすすめの空港です。そして休憩スペースが多い!お子様が遊べるスペースや小さいですがライブラリースペースそしてカジノもありました。

KLMで里帰り

KLMで里帰り

KLMで里帰り

KLMで里帰り


搭乗前に再度手荷物検査がありますので少し余裕をもってゲートに行かれてください。 今回のお席はエコノミーコンフォートという通常のエコノミー席より足元スペースが約10cm広く、約2倍のリクライニングが可能なお席を事前に予約していたので快適でした。お食事・サービスはエコノミークラスと同じです。エコノミーキャビンの前方に設置されており独立したキャビンではありませんでした。

そして機内食の時間!日本食はホテルオークラ・アムステルダムの和食レストラン『山里』の総料理長、大島晃氏の考案したメニューがお楽しみ戴けます。

KLMで里帰り

KLMで里帰り

日本食は筑前煮、これがとってもおいしかったです!

途中軽食のパンがサービスされた後に朝食の時間です。朝食はチョイスがなくこちらはまあ普通のお味でした。

KLMで里帰り


座席にはもちろん個人モニターが設置されていますので機内エンターテイメントをお楽しみ戴けます。日本映画も数本ありました。
機内には日本人のCAさんが数名乗務されており、またアムステルダムの乗継ゲートにも日本人のスタッフの方がいらっしゃいましたので安心です。

KLMは日本への就航が今年で60年。就航60年を記念してアムステルダム空港でご利用戴けるショッピングバウチャープレゼントのキャンペーンを現在開催中です。(2011年9月16日まで)
通常エコノミークラスの預け荷物は23kgx1個までが無料ですが、ゲンダイトラベルでご予約いただくと特別に23kgx2個のチケットがご購入戴けます!
最新の格安航空券情報へコチラへ。


ゲンダイ社員:N美

プロフィール

ゲンダイトラベル

Author:ゲンダイトラベル
イギリスへの旅、日本への里帰りをお手伝い ゲンダイトラベル。 イギリス発日本行き、アジア行きはもちろん、世界各国の航空券を格安でご提供いたしております。JRパス、ユーロスター、ホテル、各種パッケージツアーなど、皆様のニーズに合わせた商品も広く取り扱っております。 →www.gendai.co.uk

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


シアターチケット ユーロスター アイスランド プラハ jr pass, japan rail pass
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。