インド・アグラ編

朝5:15にホテルよりピックアップしてもらいニューデリー駅へ。インドの朝は超早い!こんな早朝から車と人で溢れかえっています。ニューデリー駅は小奇麗な空港とは違ってまさに想像していたインドな感じ満載。

IMG00027-20121125-0551.jpg

地べたで寝てる人がやたらと多いんです。
IMG00031-20121125-0554.jpg

IMG00030-20121125-0554.jpg

IMG00032-20121125-0556.jpg

IMG00033-20121125-0557.jpg



車内では朝食のミールサービスがありました。
IMG00040-20121125-0647.jpg
パンとカレー風味のコロッケでした。
IMG00042-20121125-0745.jpg


約2時間後、特に遅れることもなく無事アグラ駅に到着!

外国人用の入場料金を払い(現地の人達と比べて10倍以上高い!)、いよいよタージマハル観光です。
IMG00061-20121125-0916.jpg

DSC00334_convert_20121220201843.jpg

見えてきましたー!!  
DSC00264_convert_20121220202011.jpg

DSC00266_convert_20121220201942.jpg

本当にただただ美しい!感動です!!!
DSC00267_convert_20121220202038.jpg

DSC00268_convert_20121220202104.jpg

DSC00276_convert_20121220202133.jpg

DSC00325_convert_20121220202208.jpg


その後アグラ城塞も観光。タージマハルを作った王が息子達によって幽閉されていたお城です。

DSC00344_convert_20121220202242.jpg

DSC00349_convert_20121220202312.jpg

DSC00353_convert_20121220202342.jpg

DSC00361_convert_20121220202416.jpg

サリーを着た女性陣が覗いて見ているのは、     
DSC00373_convert_20121220202556.jpg

向う岸にあるタージマハルです。
DSC00371_convert_20121220202626.jpg

ムサンマン・ブルジュ(囚われの塔)に幽閉されていた王も亡き妻を想い日々眺めていたそうです。
DSC00388_convert_20121220202655.jpg

DSC00398_convert_20121220202448.jpg

DSC00402_convert_20121220202520.jpg


続いてランチへ!ツアーに組み込まれている観光客向けのレストランだろうとあまり期待していませんでしたが、デリーで食べたカレーより数倍おいしかった!
IMG00065-20121125-1343.jpg

IMG00066-20121125-1346.jpg


最後に立ち寄ったのはファテープルシクリ、水不足によりたった14年で廃墟となってしまったかつての都です。
中心部からはかなり離れていて、車で片道1時間半位。道中の景色です。

IMG00080-20121125-1632.jpg

IMG00084-20121125-1637.jpg

IMG00085-20121125-1637.jpg

IMG00086-20121125-1641.jpg


やっと到着。
DSC00419_convert_20121220202728.jpg

DSC00422_convert_20121220202806.jpg

DSC00431_convert_20121220202844.jpg

DSC00443_convert_20121220202908.jpg

DSC00449_convert_20121220202935.jpg


アグラ観光満喫後、電車でデリーへ戻ります。
その途中ガイドさんの友人のお店に立寄りチャイを戴きました。

チャイについて力説中です。
IMG00096-20121125-1927.jpg

IMG00097-20121125-1929.jpg

IMG00098-20121125-1934.jpg


帰りの電車もミールサービスがあり、もちろんカレーでした。デザートにアイスクリームまでついててサービスかなり良かったです。
IMG00110-20121125-2104.jpg

DSC00459_convert_20121220203010.jpg



ゲンダイトラベルでは日本行き以外の格安航空券も取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください!


ゲンダイ社員:N美


インド・デリー編

普段ホリデーの行き先を決めるときはイギリスから気軽に行けるヨーロッパの国々が主流なのですが、今回の行き先はインド!イギリスにいるとインドの文化・料理等に触れる機会がかなり多いのでここ数年すごく興味があったんです!旅の目的は本場のカレーを毎日堪能し、インドジュエリーショッピング、そしてアーユルヴェーダで癒されて、憧れのタージ・マハルを見ること!
ロンドン・ヒースローよりヴァージンアトランティックの直行便にてデリーへ。フライト時間は約8時間。機内食はもちろんカレーでした!

デリーの空港はキレイすぎてちょっとびっくり!

入国審査前にあるインドっぽいオブジェ。
005_convert_20121218031644.jpg


これトイレの入口です。
003_convert_20121218031622.jpg


空港はセキュリティーがすごくきびしいので到着ターミナルで怪しい客引きにつかまることもなく、事前手配していた空港送迎にてホテルへ。今のところ何もかもがスムーズすぎてインドにいる実感まるでなし。

今回利用したホテルはデリー中心部にあるMetropolitan Hotel & Spa(旧Nikkoホテル)。一応5★ホテルでしたが、ディナー等で利用したその他の5★ホテルに比べると少し見劣りしますが、サービスはなかなか良かったです。
IMG00122-20121127-1017.jpg

015_convert_20121218031815.jpg

013_convert_20121218031739.jpg

011_convert_20121218031717.jpg



ホテル内にSPAがあるので今回の旅の目的の一つアールユヴェーダをもちろん体験しました!お部屋から直行出来るので楽チンです。シロダーラとアビヤンガという2つのアールユヴェーダメニューを体験しましたが共に最高の癒し体験でした!インドに行ったら是非お試しください!

ランチはコンノートプレイスにあるレストランで!インドといえばやはりキングフィッシャービールです。種類も豊富!(お国柄どのレストランでもアルコールを提供している訳ではないようです。)バターチキンとカリフラワーのカレーをオーダー。お味はまぁ普通です。。。
008_convert_20121218031841.jpg

009_convert_20121218031911.jpg


その後はショッピングへ。アーユルヴェーダコスメで有名なKAMAへ。ローズウォーターが人気のようです。
カーンマーケットというおしゃれショッピングエリアにショップがあります。

DSC00483_convert_20121218032554.jpg


ディナーは雑誌やテレビでもよく取り上げられているVedaへ。

033_convert_20121218031941.jpg

032_convert_20121218032010.jpg


雰囲気はとっても素敵ですが、お味はこちらも至って普通。。。もしかしてロンドンでいつも行っているあのカレー屋さんの方がおいしいかも・・・イギリスで食べるカレーの味に慣れてしまっただけでしょうか・・・?
026_convert_20121218032107.jpg

028_convert_20121218032134.jpg



明日は電車に乗ってアグラ一日観光!いよいよタージ・マハルです!


ゲンダイトラベルでは日本行き以外のチケットも取り扱いしております。
お気軽にお問い合わせください!


ゲンダイ社員:N美


ゲンダイ ゲスト ハウス/ Gendai Guest House

今回はロンドン中心地にあるゲンダイトラベル系列のゲストハウスについてご案内致します!

ゲストハウス

ゲンダイ・ゲストハウスのロケーションですが、Great Portland Street駅(サークル、メトロポリタン、ハマースミス&シティ線)より徒歩約2分!駅を背にして正面のAlbany Streetをそのまま直進です。ゲストハウスの隣の通りには市内最大の公園、Regent’s Parkがありお散歩にはもってこいの絶好のロケーションです。徒歩圏内に他に2つのTubeの駅があり、Oxford Circus行きのバス停もすぐ近くにありますので観光には本当に便利です。


GGH map

Albany Street
DSC02200_convert_20121207183735.jpg


駅を背にして正面のAlbany Streetをそのまま直進戴き、右手にある大きなホテル(MeliaHotel)を通り越し、パブを越えた3つめのドア、「38」がゲストハウスの入り口です。看板等は出ていないので「38」のグリーンのドアを目印にしてください。

DSC02198_convert_20121207183614.jpg

ドア左横のベルを鳴らしてください。




まず入って左手に共同キッチンがあります。冷蔵庫、食器類、電子レンジやトースター等ご自由にご利用戴けます。
*キッチンのご利用時間は朝7時半から夜10時までとなっております。

現在はクリスマス仕様です。
IMG_0238_convert_20121207190631.jpg

DSC02206_convert_20121207184028.jpg

DSC02202_convert_20121207183852.jpg

DSC02203_convert_20121207183923.jpg

DSC02204_convert_20121207183955.jpg


日本語ガイド等書籍も完備!
DSC02211_convert_20121207184121.jpg

続いてお部屋のご案内です!
まずはツインルーム。(シャワーのみのお部屋もございます)

ツインルーム①
DSC02217_convert_20121207184438.jpg


ツインルーム② 
IMG_0161_convert_20121207184621.jpg


IMG_0167_convert_20121207184703.jpg


IMG_0158_convert_20121207184536.jpg


お次はシングルルーム。トイレ・シャワーは共同となりますが、洗面台はお部屋に完備です。

シングルルーム①

IMG_0168_convert_20121207184744.jpg

IMG_0171_convert_20121207184827.jpg

シングルルーム②

IMG_0176_convert_20121207184915.jpg

IMG_0183_convert_20121207184958.jpg


ダブルルーム。

IMG_0203_convert_20121207185308.jpg



ファミリールーム①。バスルームはかなり広くて贅沢!

IMG_0188_convert_20121207185115.jpg

IMG_0190_convert_20121207185148.jpg


ベットは3台ですので、大人3名様もしくは大人2名+子供2名様でのご利用となります。
IMG_0196_convert_20121207185225.jpg


お部屋の標準設備・アメニティは、テレビ、石鹸、シャワージェル、シャンプー、タオル、電気ポット、コーヒー&紅茶セット、ドライヤー、ティッシュ、電話となっております。

DSC02213_convert_20121207184321.jpg

DSC02215_convert_20121207184354.jpg

全室ADSL完備、また無料Wifiサービスもあります!


ゲストハウス内は全館禁煙となっております。喫煙される方はこちらの中庭をご利用ください。
IMG_0228_convert_20121207185405.jpg

IMG_0232_convert_20121207185456.jpg




ホテルとは違うアットホームな空間で暮らすように滞在されたい方、ロンドン観光やお買い物を効率よく楽しみたい方、ビジネスでご利用の方、長期滞在の方、言葉が不安な方、皆様を日本人スタッフがお待ちしています!

ご料金等詳細はコチラ




プロフィール

ゲンダイトラベル

Author:ゲンダイトラベル
イギリスへの旅、日本への里帰りをお手伝い ゲンダイトラベル。 イギリス発日本行き、アジア行きはもちろん、世界各国の航空券を格安でご提供いたしております。JRパス、ユーロスター、ホテル、各種パッケージツアーなど、皆様のニーズに合わせた商品も広く取り扱っております。 →www.gendai.co.uk

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


シアターチケット ユーロスター アイスランド プラハ jr pass, japan rail pass
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ