プロムスに行って来ました

先日プロムスに行って来ました
在英15年で初プロムスでした(恥)。

BBCまたはYOU TUBEでは観ていましたが、今まで機会がなかったのです。
(お小遣いがないと言えない筆者)
しかもアルバートホールに入場するのも初体験だったのです

Albert hall


前夜飲みすぎたお酒をふっとばし、わくわく軽い足取りでサウスケンジントンにいざ出陣
到着すると当日券購入者の行列や開場を待つ人だかりで前夜のお酒が胃の中で逆流しそうでした。
しかし入場券をすでに持っている私は、開場と同時にスムーズに入場
自分の席に着く前にレディースルーム(さすがにロイヤルアルバートホール内なのでトイレと簡単に言えない)に行って用を足し、演奏が始まるのをわくわくして待っていました。

演奏者達が続々入場され、歓声が沸きあがり、指揮者が入場された時には観客の興奮度はMAX
目の前にいるオーケストラの名前やバックグランドも知らない私まで興奮してしまいました。

Hall inside


インターバルを含めて2時間、演奏される全ての曲は、まるでミュージカルか映画に使われるサウンドトラックのようで、
想像力を豊かにし、楽器が奏でる音の楽しさを味わいました
テレビで観るプロムスはクラシックが多いので、まったく想像と違うジャンヌの演奏が始まったときはびっくりしましたが、
音を操る指揮者の技量とその音、音のチームワーク(?)を楽しめました

後日調べてみると、シモン ボリバル ユース オーケストラというベネズエラを拠点とするオーケストラでした。
放課後などの自由時間に音楽をさせることで、麻薬や犯罪から子供達を守るエルシステマを実践する団体に育てられた優秀な演奏者達を集めたのがこのオーケストラらしいのです
素敵な音を奏でていたコンマスのバイオリン奏者(名前がわかりませんが)も、そのような出で立ちがあったのだろうかと不思議に思えるほど素敵なオーケストラでした。

finish


勿論、筆者もお決まりの足踏みでアンコールを求めてみました
関連記事
プロフィール

ゲンダイトラベル

Author:ゲンダイトラベル
イギリスへの旅、日本への里帰りをお手伝い ゲンダイトラベル。 イギリス発日本行き、アジア行きはもちろん、世界各国の航空券を格安でご提供いたしております。JRパス、ユーロスター、ホテル、各種パッケージツアーなど、皆様のニーズに合わせた商品も広く取り扱っております。 →www.gendai.co.uk

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


シアターチケット ユーロスター アイスランド プラハ jr pass, japan rail pass
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ